上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは

1ヶ月くらい何もか書かなかった 反動なのか何か書きたいので書こうと思います

さて 今回は需要があるかどうかはわかりませんが

結構前からやっている生体3FのHWHPペア狩りについてです。

最近 生体3Fに私達以外のHWペアPTをたまに見ます。

このまま HW火力の生体が流行ってメジャーになって

臨時でも立てばいいなーと思って 書こうとおもいました。

そういえば 久しぶりにROっぽいですね!(ぁ



さて 考察といっても簡単な狩り方や注意みたいな ものですね。


*装備(Wiz視点)

盾は人と悪魔の持ち替え、鎧は風推奨、できれば不凍風。

常時付けている盾は悪魔のほうが安定でしょうか。(スニーク状態のAxからのSbr即死を防ぐため)

わたしはAxのSbrを悪魔盾無しで耐えれるようにHP装備なので

肩と足はウールタイダルセット。

移動時のみガード肩を使ってもいいでしょう、が

イミン肩がやはり安定だと思います。

悪魔化により3Fでのガード肩の必要性は薄くなり、今は不要とまで私は考えています。

ガード肩とイミン肩で攻撃耐性が20%変わってくるので

生存、安定を求めるなら、やはりイミン肩常時装備が望ましいと思います。

アクセサリーはハイド必須、フェン系は必要ないと思います

というのも ほとんどがスキルを使われたら即死級なダメージなので

触られて詠唱を中断させられたら ハエを押した方が何かと良いです。

仮に転んだとしたら Pri側からしたら起こすのが面倒でしょうし

セシル、悪魔系が湧いたら 戻るという選択肢が強くなるでしょうから。

杖はSOPを推奨。 次に鯖杖があがるでしょうか。

SOPの精錬値は5でも8でも大して変わりません。

活躍の場は緊急時のHW討伐くらいなので むしろ鯖杖の方が生存率はあがります。



*基本的な行動

HWが火力の狩りはその詠唱の時間、敵キャラの属性の多様性により

必然的に1体を相手にする勝負が多くなりますし、望ましいです。

複数釣ったり、襲われたりしたらQMを使いとりあえず安全地帯まで後退

それからsgで凍らせたり JTで飛ばしてから片方のみIW隔離したり

そのまま飛ばしてしまったり

ケースバイケースな行動が求められます。

唯一複数釣っても対処が容易いのが ガイル、セイレンの2種類でしょう。

どちらもsgでだいたい等しい時間凍るのがその理由です。

狩り方は後述に記載します、が やはりタイマンが一番時間が掛からないですし

安定となります。


*HW火力での生体狩の利点

最大の利点は最近仕様が変更されたオーラ系(以下A系)の処理ができることだと思います。

いままでは、崖打ちの攻撃で自動的にA系は飛んでいったのですが

今は上記のように飛んではいきません。

そこで、それを逆に利用して、A系を場合によっては もっとも安全に狩れるのが

HW火力での最大のメリットだと思っています。

また上記のように、限られた種類の敵のみですが同時に処理することも可能です。

方法は後述。


*HW火力での不利な点

HW火力の最大の不利な点はスキルの詠唱時間がある程度必要であり

横湧きに対応できない場合が多いこと。

(よって飛ぶことが一番の横湧き対策となるでしょう)

そして、魔法系DOPに対して有効な攻撃手段があまりないことです。

生体で実際に狩りをしている感覚からこの2点が不利な点だと思いました。


*スキルについて

生体狩において必要だとおもうスキルを上げておこうと思います。

ちなみに私がいつも使っているスキルですが、誰でも大して変わりないと思います。

SG10 SG1 JT10  JT4 AMP HD5 HD1 QM IW FW LB1 SW7↑

メインで使うスキルはこのくらいです。

SGとJTが高Lvと低Lvで2種類セットしてありますが なぜか。

言わずもがな敵の引きはがし用です。

SG1はAxやLKが突然現れた時に、JT4はHPやHWに張り付かれたときに

それぞれ使い分けるといいと思います。

HD1とLB1この2種類の主な目的はIW隔離後のMOB飛ばしのためにあります。

なぜ飛ばすのに2種類用意しているのか、

1つの理由はHDとLBの射程の違いです。

HDは範囲攻撃な分LBより射程が長いのでMOBに気づかれることなく飛ばすことができます。

また LBについてですが

LBは射程はHDに劣りますが1体に的を絞れるという利点があります。

IW隔離でHPとWSがいるけどHPはイラネ WSは欲しい って時にHPにだけLBを当てれます。

他のHWペアの方を見ているとIW隔離後どうやらSG1で飛ばしているみたいです。

ですが そんな方へ、よく飛ばずに凍ってその場にとどまったりしませんか?

この状態がAxやLK、HWは遠距離攻撃を持っているので非常にウザイです。

またSG1はLB1やHD1に比べると詠唱時間が長いので 

特にLKの場合はSBで反撃(詠唱中断)を受けやすいです。

そこでHPにニュマさせるのも手間なのでLBやHD1など詠唱時間の短いもので

済ませてしまおうというわけです。

またLBやHDは飛ばす目的ならどのMOBにもHitするので採用しています。


  ~~~~~~~~~~~~狩り方~~~~~~~~


*対セシル(砂)

HW火力の主食の1匹、カードが出てもウマウマです ・w・

気をつけたいポイントはPriさんの距離取りです。

セシルは10セル以上離れていると通常攻撃しかしてきません。

この距離を安定してとれるようになれば 対処は容易いです。

攻撃は、ひたすらAMPHD。

ただ、これを処理するのは時間がかかるので HWの仕事はHDというより

むしろ その交戦中の回りのMOB状況の把握と

安全確保のためのIW張りになります。

交戦時間を縮める策として 砂の周りが安全であればHWで砂のタゲをとり、

HPが砂にLD、その後HWはハイドを行いタゲをHWからHPに移します、

そして そのままHPが砂にLAが可能ならグッと交戦時間は縮まります。

この時はHPがHWより前に出ているので HPの前にIWで壁を作り

封鎖してあげると 砂より奥側からの敵を釣ることなく安全に狩れます

なお、他の狩れるMOBより時間が長く、必然的に横湧きに遭遇しやすいです

そのような時は素直に諦めて横湧きした敵を対処しましょう。




*対マーガレット(HP)

HW火力の鬼門、実質倒せるスキルはMC程度しかなく、

狩るとしても時間のかかる敵なのでまず相手にしません。

攻撃スキルが少ないのが救いで タゲをとられる前にIW隔離で飛ばしたり、

また張りつかれてもIW嵌めからのタゲ外しで飛ばすのも容易です。

ただ放置しておくと 回りの敵に片っ端からアスムをかけ始めるので

可能であれば最優先で飛ばしたい敵です。




*対カトリーヌ(HW)

HWの鬼門その2、凶悪性で言えばマガレより数段上です。

タゲを取られる前に飛ばせるなら飛ばしておくのがベター。

交戦中は風鎧必須、凍ってしまったらHPさんのリカバリが飛んでくるのを祈りましょう。

張りつかれた場合は 岩盤があるためIWの隔離からの飛ばしの成功率は低いです。

ただ 移動より魔法詠唱を優先するので張りつかれてもJTからIWで

引き剥がしは容易です。

戦う場合は HPさんには壁を背負ってもらい HPごとIW隔離、

その後 SOPを使いAMPSGで攻撃していきます。

ここでHPごとIW隔離する大きな理由は

SGのノックバックでターゲットがこちら(HW)に流れてこないようにするためです。

倒せるには倒せるが無視したい敵の一人。





*対 セイレン(LK)

一番気楽に狩れるMOBの1匹、主食です。

出会い頭にsg1でとりあえず凍結、その後2,3セルの距離をとり、

HPにニュマを置いてもらいます。

ニュマの効果範囲からAMPSG、HPには同様の場所にてHLで氷を割って貰う、(方法1)

この繰り返しで倒せます。

また、早く倒せる手段として、IW嵌め、同様にニュマをもらい1セル空けて殴り

1回のAMPSG中に2回割ることも可能です(方法2)が

なぜか この方法だとLKが飛ぶことが多々あります。

せっかく居るなら倒してしまいたいし、少ない時間で狩れるので

私は方法1推奨、方法2は周りに敵がいて釣る可能性があったり、

狭い範囲で処理していまいたいときに使うといいと思います。

注意するべき点は爆裂するのでできるだけ隣接しないこと。

また処理中はできるだけニュマの範囲内にいること、です。




*対 ガイル(Ax)

不意打ちにさえ気をつけたら楽に狩れる主食の1匹。

遭遇からの行動はLKと等しくsg1で凍結。

その後、HPさんにLDをしてもらい凍結中に沈黙、

沈黙してくれたら 凍結JT→SG1 の繰り返しで簡単に倒せます。

注意するべき点は 凍結中に沈黙しなかった場合のリカバリとしてのsg。

また加速状態であった場合 凍結JT→SG1が成功しにくいので

JTで吹き飛ばせる範囲にQMをあらかじめ敷いておき、Axの移動速度を落とし

確実にsg1を詠唱できるようにするのもいいでしょう。

また、不意打ちからのSbrやMAが痛いので いつでもsg1を打てるようにしておきましょう。

格言:Axを1匹みたら3匹はいると思え。


*セイレン、ガイルが同時に来た場合

この2種類は複数匹を同時に処理することが可能です。

ほぼ凍結が解けるタイミングが同時なので、

その解けるタイミングに被せてAMPSGを展開て、また凍結

この繰り返しで処理できます。




* 対ハワード(WS)

足元湧きや、ラグさえなければ まず安全に狩れるであろう敵の1匹。

HWHPペアの場合、最も早く倒すことが可能なのでおいしい敵。

アスムがない状態ならLA状態でのAMPJT2回で落とせます。

倒し方は2種類あります。

・その1

IW嵌めによる LA状態でのAMPJT。

遭遇した時に東、北から接敵された場合 ハイドなどしてHPにタゲを移し、

HPに西や南に移動してもらい再びHWにタゲを返すことで安全にIWに嵌めれると思います。

その後は上記のようにAMPJTでサックリ倒してしまいましょう。

アスム状態でIWの時間が足りない、という場合には

もう1度 嵌めるまでの行動を繰り返せば 安全に倒せます。


・その2

近くに通路がある場合はそちらに引き込みIWで両端を囲む。

その後、AMPJT→すぐハイド を行うことで

IWで囲まれたWSを飛ばさずにダメージを与えることができます。

こちらのほうが しっかりIWを更新さえすれば 安全に狩れます。


気をつけるポイントは唯一の水3属性でsgの効果がないことです。

これによってsgを展開していても効果音がせず、エフェクトに混じり

見逃してしまうことがあるということです。

また足元湧きをされた場合はHFなどのスキルでスタンさせられ、

スキル攻撃で一気に沈められてしまう場合が多いのもWSの特徴です。

よって隣接されたら大人しく飛ぶことをお勧めします。


・A系

倒せるA系DOP: A砂、AAx、ALK、AWS

倒せないA系DOP: AHW、AHP

この様に魔法系ADOPはまず倒せないです

理由はAHPは聖4属性であり、そもそも魔法が無効。

AHWはIW隔離でも反応してくるのでSG、LOVなどで返り討ちにされやすい、

また MDEFが高いために魔法がほぼ効果がない、の2点です。

AHPは攻撃スキルが少ないため、IW嵌めから放置で対処はてきますが

AHWは攻撃スキルが広範囲大魔法であり、威力も恐ろしいので完全法治推奨です。



次に倒せるADOPの倒し方。

A砂は砂よりHPの高い砂と考えるれます、対処方法は普通の砂と変わりません。

しかし、攻撃力が普通の砂より高いのでHWでタゲを取る事はお勧めしません。

時間はかかりますが、安全に倒せます。


ALK、AWS、AAx この3体の対処方法はほとんど変わりません。

ALKはIWで隔離し、ニューマを切らさないように置いてもらいAMPSGを続ける、

AWSもIWで隔離し、AMPJTで攻撃、

AAxもIWで隔離しAMPSGで攻撃、AAxはグリムを持っていますが

ある程度距離をとっていればグリムを撃ってこないので安全に処理できます。


ADOPは基本的にQMを敷き移動速度を鈍らせ、狭い通路に引き込み

IWで両端を封鎖(WSを倒す要領)で囲むのが一番楽です。

理由はIW1枚で塞ぐことができ、IW更新が容易だからです。

簡単に倒せる順番として

A砂>AWS>AAx>ALK だと思います

ただ、A系はExpが無い?ので進行方向にいる場合を除き放置するのがベターです。


以上が パッと思いついた生体3Fでの注意点、狩り方です。

時給はペアで平均して5~8M(教範、1,5倍期間なし)

最も効率が出る狩り方は、死なないこと、です。



*ペア以外のPT構成

HW,HPに加え、Arvを打てる冠(D150推奨) 教授、砂 です。

個人的な優先順位として 冠 > 教授 = 砂

・理由
 
            Arvを打てる冠 について

HWHPペア生体での問題をほとんど無くすことができるユニット

まず、Arvで魔法DOPを楽に倒すことができます。

この時点で魔法系DOPをIW隔離で飛ばす、という行動を省くことができます。

また、なぜD150が良いのか、威力が出るのも理由の1つですが

もう1つ理由としてHW処理中にHWが詠唱反応で冠にタゲが移る場合があるので

それを防ぐためです。

次にブラギの効果で詠唱時間が短縮、ディレイも短縮され

大幅に敵1匹あたりにかける時間が減ります。

最後にCAを利用することにより、横湧き、複数釣りなどの危険を回避できます。

この3点が 一番優先度を上げた理由です。


             教授について、

豊富な敵にたいする補助スキル、(霧、SC、蜘蛛、Mbr)

またHWをスペルブレイカーで封殺できます。

そして、SPの補給。

この3点が教授の利点といえます。

             砂について

サンドマン、アンクルなどの罠(敵を封じることのできる)スキルの豊富さ

魔法系DOPを倒す際での高火力

CAでの横湧き、複数釣り対処

Cri型の場合は恐ろしいほど高火力な職です。

特にセシルに対する効果が大きく、半分以下の交戦時間で処理できます。


このPT構成での自給は測ったことがないのでわからない、とさせてもらいます。

ただ、優先度の高い職が加われば、安定度はグッと上がります。


この他の職を入れて生体3に行った事がないので

この3職以外は特に言及はしません。
スポンサーサイト

更新待ってました ノω`*
うちの知り合いのHWと狩り方が若干違う面があって、面白かったなぁ
また連れてってくださいね! そしてそのときは動画を(
2009/01/24 16:16 |周 #-URL[ 編集 ]

返信。

コメントありがとうデス。

本当久しぶりに更新しましたょ ・w・
そうそう、そちらの狩り方はブログの動画にて
見させていただきましたっ ・ω・b

また、よろしかったら行きましょうね~
2009/01/24 18:26 |遙 #-URL[ 編集 ]

やほ

面白い考察でした。うちら2人が築き上げてきた狩り方がまとめられるね(笑)
とりあえずオーラになったらまた頑張るわ。

PS:パソコン壊れちゃった…
今週中に新しいの買うつもりです。
2009/01/25 20:05 |ウィング #mQop/nM.URL[ 編集 ]

やほやほ

あの774から姿を見なくなって
また雷でも電話線に落ちたのかなーって
思ってたけどPCが壊れちゃったんだ!! ∑(・Д・;)

なむなむ・・(-ωー;;)

本当はこの記事書いたときに
狩り方の説明補足みたいな感じで図(ss)を
載せたかったんだけどジョン汰が(゜д゜)だったから
撮りに行こうにも行けなくて・・・。

とにかく できたら早く復帰してね。
超暇です(・ω・)
LKのLvが上がっていく~ ><;(笑
2009/01/26 02:30 |遙 #-URL[ 編集 ]

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
copyright © 春風吹く吹く桜の木 all rights reserved.
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。